名古屋で中絶ならたてレディスクリニックへ
中絶手術をお考えの方へ
お電話でのお問い合わせは052-794-5151まで
中絶の不安、痛みを軽減。安全に手術を行います 中絶の不安、痛みを軽減。安全に手術を行います

名古屋で人工妊娠中絶のご相談は守山区の《たてレディスクリニック》

望まない妊娠でお悩みならお気軽にご相談ください。
妊娠をして、できれば産みたいと思っていても何らかの事情で諦めなければならず、
とても辛くて思い悩んでいる女性は少なくありません。
産まない選択肢を選ぶことは辛いですがそれも立派な正しい選択だと思います。
当院では安心して中絶手術を受けられるようにサポートします。
女性医師の診療も可能ですので、安心して中絶手術を受けていただけます。

  • 経験30年以上の医師が施術
  • 無痛手術
  • 吸引と補足的にソウハを併用して安全に施術
  • 術後の安静室やその後のフォローも充実
  • プライベート厳守

中絶の初診から手術以降の一連の流れ

1

問診の後、エコー診を行います

簡単な問診の後、超音波エコーで子宮の中に胎嚢があるかどうか観察します。
妊娠5週(生理が遅れて10日目以降くらい)から観察できます。

2

手術前に血液検査をします

手術を希望される場合は、簡単な手術前の血液検査
(全身状態、肝炎や梅毒などの感染症のチェック)をします。

3

手術日を決定いたします

手術日を決めますのであらかじめご都合のよい日を
複数考えておいてください
。日曜祭日木曜日以外は手術可能です。
また、手術の施術方法は2パターンございます。

  • パターン1

    手術当日の朝9時に来院していただいて子宮口を広げる処置をし、2-3時間経過したところで手術を行います。
    その間は休んでいただくお部屋が用意してあります。手術後2時間程度でご自宅に帰れます。ただしご自身で車の運転ができませんので送り迎えしていただくか、公共交通機関でお帰りください。

  • パターン2

    手術の前日午後5時から6時半までの間に来ていただいて子宮口を広げる処置をしてご自宅に帰ります。
    次の日の午前中指定された時間に来ていただいて手術を受けます。お帰りはパターン1と同様です。

4

手術の説明をいたします

手術の説明と同意書(母体保護法による)の説明します。

  • 同意書がない場合、手術は受けられません。
  • 18歳未満の方は保護者の同意のサイン等が必要です。
5

手術後は診察がございます

手術を受けた後 2日か3日後に診察があります。その後、さらに7日後前後に
もう一度診察があります
。何もなければそれで終了となります。

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください
  • TEL:052-794-5151

    午前 09:00~12:00 午後 17:00~19:00

  • 料金や詳細はこちら

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

前処置のこと

短時間で安全な手術を
行う為、前処置を行います

手術前の前処置はラミセルという器具を子宮口に挿入します。
2-3時間経過すると自然に子宮口が広がって手術が安全に完遂できるようになります。
他の医療機関でこの処置を省くこともあるようですが、これによって安全に 短時間で手術をすることができます。母体保護の講習会でも中絶手術の事故(子宮穿孔、子宮口の損傷、手術のやり直し)などはこの処置を怠ったために起こることが多く、強く前処置をするよう伝達がありました。
分娩後経過がさほど経っていない場合は前処置をいたしませんが、安全に行う為必要な処置です。痛みは子宮口の硬さ、曲がり具合でまちまちですが、経験豊富な当院ではさほど心配ありません。

患者さんにあった
最適な手術方法

当院では、吸引法に加えて
ソウハも併用いたします

妊娠子宮は週数や子宮の屈曲の具合、経膣分娩の経験のあるなしなど、患者さんによって様々です。ですから手術の難易度はまちまちです。
吸引とソウハの利点を利用して最適な方法で安全かつ完璧に処置を行います。

麻酔について

静脈麻酔で、安全に手術を行います
痛みはほとんどございません

手術前に点滴を取ってしっかりルート確保してから静脈麻酔をします
(全身麻酔とは違います)念のために酸素マスクで酸素を吸って数十秒で寝たような状態になります。
痛みはほとんど感じないように様子を見ながら麻酔薬の増減をして安全に手術を行います。手術後約2-3分ほどで覚醒しますから安心してください。

術後の生活・感染対策

感染予防のお薬を処方いたします
術後、処方薬を服用してください

手術当日はお仕事などはせずにゆっくりご自宅で休んでください
何もなければ次の日に仕事や学校に行けます。
感染予防に出されたお薬はしっかり飲みましょう。出血は次の日はかなり少なくなります。 シャワーは手術の次の日から大丈夫です、お風呂は指示が出てからにしましょう。おおよそ手術後1週間たってからです。
性交渉は、できたら次の生理(手術後4-5週間)が終わってからがよいでしょう。手術後はばい菌が入って感染しやすくなりますし、かえって妊娠もしやすくなることがあります。
できれば男性任せの避妊でなく、ピル・避妊リングの装着を勧めます。

避妊薬「ピル」についてはこちら たてレディスクリニック webサイト
ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください
  • TEL:052-794-5151

    午前 09:00~12:00 午後 17:00~19:00

  • 料金や詳細はこちら

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

よくある質問

手術が怖いのですが・・・

しっかりと静脈麻酔をいたしますので痛みもなく、5分~10分で終了します。
経験豊富な医師が対応いたしますからご安心ください。

妊娠しづらくなりませんか?・・・

適切な処置を施せばそのようなことはありません。
どちらかというと、かえって妊娠しやすくなる場合の方が多いため、手術の後はピルなどの避妊をお勧めします。

誰にも知られたくないのですが・・・

秘密は厳守します。個人情報は親兄弟にもお伝えしません。
ご自身でも知られないように管理をお願いします。(お薬の袋や印刷物 など)

供養はどうしたら・・・

まだ胎児は形を成していません。
そのため、当院で責任をもって業者さんに引き取ってもらい供養をしてもらっています。
ご自身では 近くのお寺で構いませんので手を合わせて供養してください。

その後の生活は?・・・

手術当日は安静にし、お風呂も控えてください。
次の日は熱がなければお仕事や学校に行っても構いませんが無理をしないようにしてください。
アルコールは1週間ほど控えましょう。 生理は1か月から1か月半くらいで来ます。
診療は、術後・3日後・7日後 前後に行いますのでご来院ください。

TEL

その他ご不明点やご質問があればお問い合わせください

個人情報の取扱について

当院では、診療に関わる範囲で個人情報を収集し、本来の目的のためにのみ使用致します。
またご提供頂いた個人情報などの書類は以下の場合を除いて第三者へ提供することはありません。

・ご本人の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な照会要請を受けた場合。

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください
  • TEL:052-794-5151

    午前 09:00~12:00 午後 17:00~19:00

  • 料金や詳細はこちら

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

料金

初診時にエコーと検査料金がかかります。
手術前の子宮口拡張5,000円(税込)が別途必要です。

妊娠8週6日まで 麻酔手術料 100,000円(税込)
それ以降
妊娠12週0日まで
130,000円(税込)

当院へのアクセス

電車イメージ 電車でお越しの方
名古屋駅からJR中央線で大曾根駅まで(約15分)
+ 大曾根駅から名鉄瀬戸線小幡駅まで(約12分)
+ 小幡駅から徒歩13分程度 = 合計50分程度
栄駅から名鉄瀬戸線栄町から小幡駅まで(約15分)
+ 小幡駅から徒歩13分程度 = 合計30分程度
名鉄瀬戸線小幡駅からの道順
徒歩の方は改札を出て右側の出口へとお進みください
そのあとはグーグルマップをご利用ください
また、タクシーは改札を出て左側出口の先にある
ロータリーに乗り場がございます
車イメージ 車でお越しの方

から    約25~30分
千種駅から  約20~25分
大曾根から  約10~15分
本山から   約10~15分
藤が丘から  約10~15分
瀬戸市駅から 約20~25分
JR春日井から 約20~25分

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください
  • TEL:052-794-5151

    午前 09:00~12:00 午後 17:00~19:00

  • 料金や詳細はこちら

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

人工中絶とは?
手術の種類と条件、用意するものなど基礎知識をご紹介

人工中絶とは

人工妊娠中絶手術とは、なんらかのやむを得ない理由によって妊娠を継続することができない場合に、人工的に妊娠を中断させる手術のことです。
人工中絶の条件等細かい部分については母体保護法で規定されており、例えば「やむを得ない理由」とは以下のように定められています。(母体保護法第14条)

一 妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあるもの
二 暴行若しくは脅迫によって又は抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの

ただし、この条件を満たしていても、人工中絶には母体への負担が大きく、倫理的な課題もあることから、手術が受けられる期間は妊娠22週未満(21週と6日以下)とされています。
さらに、この期間中であっても妊娠12週以降になると中期中絶手術となり、入院も必要になります。

やむを得ず中絶を選択する場合、妊娠6~9週のうちに手術を行うと母体への負担が小さく済むため、遅くとも11週までに診察・決断するのがおすすめです。

人工中絶手術の種類

人工妊娠中絶手術は大きく初期中絶手術中期中絶手術に分けられます。
初期では日帰り手術が可能で、体への負担も比較的少ないですが、中期になると入院が必須になります。
中絶手術は基本的に保険の対象外(※)で、入院費用の負担も大きくなりますのでご注意ください。

※中絶手術の費用

  • 母胎内で胎児が死亡し、流産扱いとなる場合
  • 妊娠の継続が母体に危険を及ぼすと判断され、治療として中絶手術が必要となる場合
    など特例を除き、基本的には人工妊娠中絶手術は保険の対象外です。
    中期中絶手術については「出産育児一時金」の対象となり、負担を軽減することができます。(経済的な理由は対象外
    また、人工妊娠中絶手術の費用は医療費控除の対象となります。

(1) 初期中絶手術(12週未満)

初期中絶手術には、掻爬法吸引法の2種類があります。
時間が短く、子宮へのダメージも少ないのは吸引法と言われていますが、日本では掻爬法が主流となっています。
中絶手術を受ける場合は、ご希望の術式を採用しているか必ず事前に確認しましょう。

① 掻爬法

掻爬法とは、子宮内に鉗子(大型のピンセットのような器具)やキュレット(スプーンのような器具)を入れ、内容物をかき出す方法です。
日本ではこの術式を採用している病院が多いのですが、術者の技術によって、手術時間が長くなる、注意していても子宮内を傷つけてしまうことがあるなどのデメリットがあります。

② 吸引法

吸引法は、子宮内に細いチューブを差し込んで、内容物を吸い取る方法です。 電動真空吸引法(EVA)手動真空吸引法(MVA)があり、使用するチューブとポンプに違いがあります。 吸引法はWHO(世界保健機構)や世界産婦人科連合で推奨されていますが、日本ではまだ一般的ではありません。

※EVAとMVA
電動真空吸引法:金属チューブを用い電動ポンプで吸引
手動真空吸引法:やわらかいポリプロピレンチューブを用い、手動で吸引 
手動真空吸引法の方が子宮の組織を傷つけにくく、安全性が高いと言われています。

※手術の痛みと時間
掻爬法も吸引法も静脈麻酔を行うので、手術中の痛みはほとんど感じません。
ただし、掻爬法では事前に子宮口を広げる前処置を行うことが多く、この時に痛みを感じることがあります。
また、どちらの手術も日帰りでの施術が可能ですが、吸引法の方が所要時間は短いことが多いです。

※経口中絶薬
海外では、内服のみで手術を必要としない中絶薬が承認されています。
異所性妊娠や不全流産、不正出血のリスク、摘出内容物の処理など課題はあるものの、WHO(世界保健機関)ではより安全な方法として推奨しています。
しかし現状日本では認可が下りておらず、使用することはできません。

(2) 中期中絶手術(12週以降)

中期中絶手術では子宮口を開く処置をした後、子宮収縮剤を投与し、人工的に流産させる形で中絶を行います。
初期中絶手術よりも母体への負担が大きいため入院が必要で、完了まで数日かかることもあります。

また、12週以降は役所に死産届を出し、胎児の埋葬許可証を受け取らねばなりません。

中絶手術に必要なもの

中絶手術を受ける場合には、以下のものが必要です。

  • 本人及び配偶者の同意書
  • 身分証明書
  • 未成年の場合は保護者の同意書

同意書について

母体保護法では中絶の要件に「本人および配偶者の同意」を挙げています。
ここで言う配偶者とは「届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様な事情にある者を含む」ため、未婚の場合はパートナーの同意が必要ということになります。

ただし、「配偶者が知れないとき又はその意思を表示することができないときは本人の同意だけで足りる」とされており、「パートナーがわからない」「パートナーと死別した」「パートナーと連絡が取れない」等の場合は本人のみの同意で手術を受けることができます。
また、「妊婦が配偶者からDV等を受けている場合等、婚姻関係が実質破綻しており、人工妊娠中絶について配偶者の同意を得ることが困難な場合」についても、本人の同意だけで足りると厚生労働省が回答しています。(令和3年3月)
※配偶者の同意に関する 日本医師会の疑義解釈照会文とその回答
http://www.taog.gr.jp/pdf/210316_4.pdf

たてレディースクリニックの人工中絶手術

たてレディースクリニックでは、産まない選択肢も尊重し、安心して施術を受けられるように徹底してサポートしております。

秘密厳守で、ご家族にも個人情報を知られないよう管理しますので、手術の決心をされましたらご相談ください。

手術の痛みや費用(妊娠8週6日までは10万円(消費税込み))、手術の流れなどご不安を感じていることがありましたら納得できるまでご説明します。

まずはご相談ください。お待ちしております。

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください
  • TEL:052-794-5151

    午前 09:00~12:00 午後 17:00~19:00

  • 料金や詳細はこちら

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

中絶後に身体は変わる?
生理や再妊娠(不妊)、注意点について解説します。

中絶後の身体

中絶手術は妊娠12週未満に行う初期中絶手術と、妊娠12週以後に行う中期中絶手術に分かれます。
初期中絶はポンプや器具で子宮内の内容物をかき出す方法で、日帰りで終わりますが、中期中絶になると人工的に流産させる形をとるので入院が必要になります。

いずれの方法でも身体には負担がかかっており、子宮やホルモンバランスが元の状態に戻るにはある程度時間が必要です。※
術後1~2週間ほどは生理痛のような痛みや少量の出血が続き、少しずつ回復していきます。
出血については出産後の悪露と同様のものです。感染症のリスクが高くなっている状態なので、タンポンよりもナプキンで対処しましょう。
※激しい腹痛や大量出血、高熱などの症状がある場合は必ず医療機関を受診してください。

また、中絶後は感染症のリスクが高くなっています。
詳しくはこのあと「中絶後の生活」でもご紹介していますが、術後1カ月程度は注意しながら生活してください。
ご自身の身体を守るために、処方された薬は確実に飲み、術後検診も必ず受けましょう。

※中絶後のホルモンバランス
胎児から出たホルモンが体内に残っていることもあり、妊娠検査薬が陰性になるまでには少し時間がかかります。
ただし、2ヶ月たっても生理が来ず、妊娠検査薬が陽性になる場合は異所性妊娠などの可能性もありますので、医療機関を受診してください。

中絶後の生理

中絶後の生理には個人差があります。
早ければ2週間後くらい、遅ければ40日くらいかかることもあります。
精神的ストレス、ホルモンバランスの乱れ、子宮内に内容物が残ってしまっているなどの原因で生理がこなくなってしまうこともありますので、2カ月以上生理が止まってしまったら医療機関で治療を受けましょう。

また、中絶後は妊娠を経てホルモンバランスが変化しているので、生理周期や経血量、生理期間が変化することがあります。

中絶後の妊娠

中絶後、また妊娠できるのか不安に思う方も多いようです。
しかし、中絶手術が原因で不妊になることはほとんどありません。
不妊になるかどうかほかの要因もあり、かならずその後妊娠するとは言えないので、中絶するかどうかはパートナーとよく相談するようにしてください。

中絶後妊娠を望む方は、しっかり子宮を休めるためにも、1回目の生理がくるまでは避妊しましょう。
中絶手術を受けて2週間後は妊娠しやすい時期に重なりますので特に注意してください。
万一すぐ妊娠してしまっても問題はありませんが、3回くらい生理が来てから妊娠に向けて調整していくのが望ましいです。

もし中絶手術を受けた後に妊娠しにくいと感じる場合、医療機関を受診して原因を調べましょう。
婦人科系の病気のほか、中絶手術による精神的ストレスが原因となることがあります。

中絶後の生活

(1)避けるべきこと

初期中絶手術は日帰り手術ですので、翌日から仕事に行くことも不可能ではありません。(当日は麻酔も残っていますので、必ず安静に過ごしてください。)
しかし、身体には大きな負担がかかっていますので、できれば3日ほどは安静に過ごしてください。

また、子宮がある程度元の状態に落ち着くまで1週間ほどかかります。
その間はスポーツなどの激しい運動、負荷の高い肉体労働、立ちっぱなしなどは避けましょう。
シャワーは翌日から、湯船につかるのは1週間後くらいからが目安です。
プールや温泉は感染リスクもあるので、次に生理が来たあとまで控えてください。

(2)性行為について

中絶後の生活でもふれたとおり、1週間は身体を休ませることを推奨します。
また、1回生理が来るまでは避妊も忘れずにしましょう。

特に、手術を終えて2週間後くらいは排卵期と重なり、妊娠しやすい時期です。
望まない妊娠を繰り返すのは身体的にも精神的にも負担が大きいですし、妊娠を望む場合でも中絶後はじめて生理がくるまでは身体を休めた方がいいので、注意してください。
避妊手術後からピルやミレーナを使用するのもおすすめです。

たてレディースクリニックの中絶手術

たてレディースクリニックでは、患者さんの心の動きに最大限配慮し、秘密厳守で中絶手術を行っています。

個人情報は親兄弟にもお伝えしませんので、一人で抱え込まずにまずはご相談ください。(お薬の袋や印刷物などの管理にはご注意ください。)

中絶後は術後、3日後、7日後に検診を行っており、患者様のお身体をケアしております。

また、胎児については当院で責任をもって業者に引き取り・供養をお願いしています。ご自身では近くのお寺等でお手を合わせて供養してください。

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください
  • TEL:052-794-5151

    午前 09:00~12:00 午後 17:00~19:00

  • 料金や詳細はこちら

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください

TOPへ