ページトップへ

ソラカラちゃん

 梅雨真っ只中に、息子が修学旅行に行ってきました。
その日がちょうど誕生日なのに本降りのなか、スカイツリーに登りました[#IMAGE|S57#]
当然景色も見えるはずもなく、本当についてない男[#IMAGE|S2#]
・・・・と、思ったら配られたスカイツリー入場券にソラカラちゃんが[#IMAGE|S5#]
なんでも1クラスに1人くらいの割合でしか写りこまないとか・・・
ちょっぴりhappyだったね[#IMAGE|S32#]

フィガロの結婚 スイスバーゼル歌劇場名古屋公演

フィガロの結婚はとてもモーツアルト作曲の有名なオペラですが初めて観劇しました
今回の名古屋公演は初日みたいですね、 富山 滋賀 東京とあるようです
全4幕 約3時間程度でした。 ほぼ満席状態 僕は当日券でぎりぎり13列で見れましたが。
今回の設定はほぼ現代の設定(場所はアメリカらしい)にアレンジしてあるもので、本来はヨーロッパ中世18世紀のスペインです。
モーツアルトの時代とは舞台設定が違うものでした。
おはなしはお金持ちの伯爵とその使用人フィガロとその恋人ロジーナの色恋沙汰、伯爵夫人の嫉妬などなど  と 面白い展開ドタバタで楽しかったです。
貴族社会でも今の世界でもよく起りそうな内容で、やはり時を経ても色恋浮気沙汰は変わらないんですね、だから今でもこの劇は親しまれるんでしょう。
ただ処女権というものが今ではなく苦しいですが、今こんなことがあったらパワハラで大変でしょうね。
すべてのキャストのアリアは当たり前ですが声が通っていて、美しく素晴らしいものでした。

序曲はこのオペラを知らなくても聞いたことのある有名な曲  序曲

そして 有名なのがケルビーノのアリア「恋ってどんなものかしら」             アニメバージョン Voi che sapete
     フィガロのアリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」font>等々
今度は18世紀バージョンでも見たいものです。

自転車の旅

先日、主人と13歳、10歳の息子で私の実家がある常滑まで自転車で行く事になりました。
距離にして約50㎞!!  スゴイ[#IMAGE|S60#]
朝6時に出発して11時にはゴールしました。
見事完走して「楽しかった~[#IMAGE|S3#]また挑戦したい」とたくましい言葉に感動した私でした。
子供には強く[#IMAGE|S66#]あきらめない心を身につけて欲しいと思います。
きっと子供達も自信がついたと思います。[#IMAGE|S58#]
次は何をチャレンジさせようかな~
                                                 スタッフs

東京といえば・・・

東京観光に行こう!!
と言われて大体の人が思いつく場所は・・・

そう!!
『スカイツリー』!!!!
というわけで行ってきました[#IMAGE|S3#]
外から見るスカイツリーは
やっぱりすごい迫力[#IMAGE|S5#]
日本人はあんなものまで
作れるんですね~!!笑
でも上に上がるまでに
待って待って待ちまくったから
上からの景色に感動する労力
残ってませんでした[#IMAGE|S44#]
まぁ1回行っとけばもう満足!!
そんなプチ旅でしたぁ~[#IMAGE|S56#]
スタッフM