ページトップへ

100均でできる、かかとケア

最近

週一のパーソナルトレーニングで

ヒップアップを目指す私。

 

そのせいで、休み明けの月曜日は筋肉痛がヤバイ・・・

おかしな歩き方してるスタッフがいたら

それ、私です・・・笑

 

手先や足先までケアをと思っていても

なかなかそこまで気が回らず

気が付くと、なんだか足裏がくたびれていて
トレーニング後のストレッチでシューズを脱いだら

なんだか恥ずかしくなるくらいカサカサしておりました。

 

 

クリームを一生懸命塗るのですが追い付かず

こんなんを試してみました

 

 

ダイソーの足用の使い捨てパックです。

 

 

こんな風に、靴下のようにすっぽり履けて

しっかり密着してくれます。

外側はビニールみたいになってるので

内側しか濡れておらず、ソファーに足上げてても濡れません!

 

 

20分くらいで外してみましたが

しっかり潤っていい感じでした♪

100円なら、かなりコスパがいいですね!

 

これはリピ確定です(*^-^*)

 

皆様も見つけたら是非♪

 

 

お肌の状態の測定

美容点滴を受けられる患者様が増えてきて

 

私も打ってるんです~なんてお話をすると

必ず「どうですか?変わりました?」

と質問を受けます。

当然ですよね、そこが一番聞きたいところですもんね。

 

 

しかし・・・

レーザー治療やフォト治療などと違い

ここが変わった!!とハッキリ言いにくいというか

調子はいいんだけど、劇的に変わったという感じでもなく・・・

 

 

患者様の中には1回でお肌がプルプルになった!

と喜んでくださる方もみえますので

本当に個人差があるのですが

肌表面からの治療と違い、わかりにくい!!

 

 

そこで

お肌の水分量、油量、ハリを簡単にチェックできる

簡易測定器を買ってみました!!
内側からの変化を見てみようということで

早速計ってみたのですが・・・

 

まず頬でぴぴぴ

 

 

水分量51% 油分16%

緑色でお顔もニッコリしてるので

まずまずの状態のようです

 

続いておでこもぴぴぴ

 

 

 

えぇぇぇぇぇ!!

赤いし、なんか油の量やばいんですけど!!

 

点滴後云々より、おでこの肌の状態のひどさが気になっちゃって

とりあえずパックで外から水分補給しちゃいました笑

 

 

この数字をとりあえず基準として

点滴して2日後くらいにもう一度、同じ場所を計ってみようと思います。

 

 

それにしても、私のおでこ・・・

砂漠だ・・・

美容点滴1か月

美容点滴を週に1回のペースで打ち始めて

1か月経ちました。

 

何か変わったのかというと・・・

正直、お肌はまだ変化を感じていません!

 

ただ、便通がものすごくいい!!

そして、よく寝れる!

体の調子がなんかいいなって感じです。

 

体調が良くなれば

当然お肌の調子も上がるはずですし

これから、効果を実感していくんじゃないかと

わくわくしております(*^-^*)
でも紫外線が強くなってきて

目元の小じわが目立つようになってきました。

点滴が追い付いてないじゃん!!って感じです。

 

 

知ってますか?

加齢によるしわよりも

光老化(紫外線)によるしわの方が多いんですよ~

怖い~!!

 

エステで働いてた頃の同僚に

化粧の上からの小じわ対策をきいたところ

定番のミストタイプの化粧水は

かえって水分が蒸発してしまう事があるので

あまりオススメしないとのこと・・・

 

じゃー何がいいのよ!!

っと食い気味に聞いてみましたら

ジェルがいいよと!

 

乳液タイプやミルクタイプは

油分が多すぎて化粧が寄れちゃうので

ジェルタイプの化粧水(オールインワンタイプでも♪)

を、乾燥が気になるとこに薄くひと塗りします。

この時ごしごしすると寄れるので、1往復くらいでストップ。

少ししたら、テカテカしてるのをティッシュで少し抑えます。

 

その上から、ルースパウダーなどを軽くのせれば

化粧直しは完璧♪

 

早速、無印の敏感肌用のオールインワンジェルを買ってきて

試してみましたら、すごくいい!!

ポーチに入るくらいの小さいのが500円で買えます。

 

少し手が空くと

リップを塗りなおすくらいの感じで

目元にぬりぬりしております。オススメです。

 

花粉にも紫外線にも負けない肌作り

頑張るぞー!

 

生理の前後の悩み(PMS、月経痛)


生理前から生理中 最悪な気分や体調で回りに迷惑をかけたり
トラブルになったことはありませんか?

近年女性の社会進出や雇用の均等を盛んに言われています。
子育て支援や保育所の整備など政府は
いろいろと対策しているようですが、
僕はこれでは片手落ちで効果は不十分だと考えています。 

これらの対策は子持ちの女性の支援が主です。
子供を産まない選択をしている女性や、
まだその適齢期になっていない女性にはその対応が忘れられています。

産婦人科医として長年診療していると女性の最大の特徴は
月経があることだと強く感じています。
当たり前ですが。
月経は男性では到底想像もできない女性の悩みの一つで、
人間関係や仕事、学業にかなりのアゲインスト(逆風)になっています。

月経の数日前からPMS(月経前症候群)といって、
頭痛や肩こりめまい、体のだるさと身体的な症状だけでなく、
イライラしたり怒りっぽくなったり、
落ち込みが激しく無気力になったりといった症状がでます。 

そのため 友達や家族、職場で思わぬトラブルになったり、
迷惑をかけたりと後から公開することはみなさんもあると思います。


生理になるとなったで、腹痛や腰痛、出血が多くて
外出もままならなかったり、激しい頭痛に襲われ
会社や学校を休まなければならないこともしばしばです。 
このように女性には特有の悩みであり
ディスアドバンテージなのです。

ではどうしたらよいでしょうか? 
軽い場合は痛み止めを服用して頑張る?
でもひどい方には効果は弱いです。

薬物治療では漢方薬を使用することも選択肢1つです。 
でも経験上はやりピル(女性ホルモン剤)を
使用することが一番効果があるようです。
ピルというと副作用が怖い、体重が増える? 
将来妊娠できる?避妊薬だから少し抵抗ある、など
いろいろと心配してなかなか服用まで勇気がいりますね。
実際副作用でドロップアウトした患者さんはごくわずかです。

しっかり副作用を理解して注意し、
しっかり管理してもらえる婦人科医に処方してもらえば心配ありません。
飲むことによって避妊だけでなく、
わずらわしい月経の悩みをかなり軽減することができます。
1か月でもいいから試しに飲んでみたらいかがでしょうか?
(ニキビが少なくなることもあります)

話は戻りますが、
欧米特にドイツなどは女性進出が活発です(メルケル首相をはじめ)
ピルの普及率も日本より格段に高く、
これも女性のピルの理解が進んでいるためかもしれませんね。
日本の女性も普及率が高まれば働きやすくなるし進出も盛んになるでしょう。

ピルも進化していろいろな種類も出ています。
もし子宮内膜症であればわずらわしい生理をしばらく止めてしまう、
そんな治療法もあります。しっかりと診断してもらい
あなたに合ったお薬を処方してもらうとよいと思います。

ちなみにお薬の種類とどんな患者さんに向いているかを
まとめましたので参考にしてください。 
尚 自費なのか保険なのかは婦人科医が
しっかり検査し診断してから決めます。
当院では保険でも自費でも窓口支払い料金の差はさほどありません。

* 一般的な低用量ピル(自費) アンジュ、ラベルフィーユ、ファボアールなど
* 子宮内膜症の治療薬(保険適用)

1 低用量ピルの一種 :ルナベル、ヤーズ
2 プロゲスチン製剤で長期間月経を止めるもの 
  : ディナゲスト、 ヤーズフレックス
3 女性ホルモンそのものを抑えて月経を止める(子宮筋腫にも適要あります)
  :リュープリン(注射)ナファレニール(点鼻薬) 
4 ミレーナ (避妊リングのように子宮内に装着する)
 薬理作用は➁と同じ  出産する予定のない方や40歳以上の方にお勧めします。